保育料や制服の費用

幼稚園に入園する前に保育料や制服にかかる費用をチェック

わが子が保育園に入園するときは、親にとって感慨もひとしおであるようです。可愛い帽子をかぶって制服を着て小さなバックを持って、と可愛いことだらけです。ですが、入園しているところによっては、高額な保育料が今後の何年間か待ちうけている可能性があるのです。そのため、入園する前にいろいろと調べたりやっておいたりすることがあるといわれていて、今日において幼稚園に入園するは、その2年前や3年前から親は入園をするための活動を始めることが良い、といっている人もいるのです。

幼稚園に入園するだけなのに、その2年や3年前からそのことに対する活動を始めるなんてよっぽどの親バカね、と感じる人も多いようです。そう言う人は、ママ友や知り合いの人からなどから、自分の子が入園する幼稚園の情報をすでに入手していて、状況を把握しており、十分な対策を考えている人であることが多いといわれています。ですが、そうでない人は、子どもが入園する直前になってことの状況が分かってくると、間近になっても最後のあがきではないのですが、あちこちと動き回って自分の希望に添うようにならないかと、あたふたとしてしまう可能性もあるのです。公立と私立の幼稚園では年間の保育料に差があるとされ、数年前のデータでは全国平均で私立幼稚園が公立のものよりも、2倍から3倍ぐらい高いようだとされていて、私立ではその時代よりも現在のほうが保育料が値上げされているといわれているのです。

そのため保育料をいくらはらうようになるのかチェックをして把握しておく必要があります。また、制服を購入する費用も、私立の場合にはおおまかな金額として、だいたい50,000円から60,000万円が相場ではないかといわれてて、有名デザイナーが手掛けた制服であれば、その相場以上の費用がかかるともいわれています。そのため、入園する前に制服やそのほかに入園時に揃えるものがいくらぐらいかかるのか、入園後にオプション費用はどの程度必要かなどのことをチェックしておかないと、出費がかさばって大変なことになることもあるのです。

やはり、入園する2年前ぐらい前から、入園を希望する幼稚園をいくつか見つけておいて、その幼稚園の保育料であったり、制服にかかる費用であったり、そのほかにかかる費用を調べておいて、自分たちのライフスタイルに合うところを探しだしておく必要があります。場合によっては、制服も知り合いから譲り受ける手はずをしていたり、リサイクルショップなどで販売していることがあるのかをチェックしていたり、と前準備を行っておくと良いという声もあります。