制服の丈は?

幼稚園の制服の丈はどれくらいがベスト?

幼稚園入園はお母さん、お父さんにとってとてもうれしいイベントとなるでしょうが、しかし初めてのお子さんの入園となるとわからないことが多くあるものです。中でも特に多くの人がわからないと不安になり、かつ失敗するポイントになりやすいのが制服です。大人になってから購入する服であれば何年も着ていけるでしょうが、これが幼稚園に入園するお子さんとなると話は別です。入園してから卒園するまで子どもはハイペースで成長をしていくのですから、制服もその成長を見越して購入しなくてはなりません。では幼稚園の入園前に購入する制服としてはどれくらいの丈がベストなのでしょうか。

まずこのベストの丈を考える上で重要になるのが「どれくらい成長するのか」ということです。これはそれぞれのお子さんによってかなり差がありますが、参考までに厚生労働省が作成する3歳から6歳までの身長の平均を見てみましょう。まず3歳時点の平均身長ですが、男子の場合は95.1cm、女子は93.8cmです。ここから一年経って4歳になると101.8cmと100.8cmまで成長し、さらに一年経って5歳になると108.0cmと107.3cmまで成長することになります。卒園を控えた6歳時点の平均値を見てみると男子が114.9cm、女子が114.0cmとなっています。

平均値を見てみると、入園から卒園までの間に男女ともに約20cmほど大きくなるということになるのです。もちろんこれはあくまでも平均値であるため「絶対にこれくらい成長する」として保証できるわけでもないのですが、平均くらいの大きさのお子さんであれば3歳の時の身長にプラス20cm、平均よりも小さめのお子さんであればプラス15cmくらいを目安にしておくと、卒園まで着られる制服を見つけることが出来るわけです。少々注意をしたいのがそれぞれの幼稚園が用意する制服のつくりが大きめなのか小さめなのかということですが、これは実際の採寸の際にチェックしておくとよいでしょう。ちなみにこれからどれくらい成長するか予想しづらいというような場合には、少し大きめのものを買って手直しをして着るというのも良い方法になります。自分で幼稚園の制服の丈を詰められない、手直しが出来ないというようであればそれぞれの地域の洋服リフォームショップや洋裁店などに声をかけてみるのも手になります。成長に合わせて買い直すとなるとそれなりに高く付きますから、入園の際には卒園までの成長を見越して制服を選ぶことをお勧めします。