半ズボンを穿く規則

幼稚園で冬でも制服の半ズボンを穿く規則でタイツを穿かせるべきか

幼稚園によっては基本的には上着と半ズボンの制服で過ごして、冬場は長袖と長ズボンの体操服が制服の代わりというところもあります。そうなると、寒さの厳しい時期は長袖と長ズボンの体操服の下に、厚着の下着などを着させたり穿かせたりして暖が取れると考えることができます。ですが、薄着励行で冬も半ズボンという幼稚園も結構多いのです。そういう幼稚園では老婆心ながら風邪をひかないか心配になってしまいます。

真冬でも制服の下が半ズボンという幼稚園も少なくないようです。そのため防寒対策としてタイツを穿かせる人もいますが、そのタイツも女の子なら良いけど男の子に穿かせることには抵抗感があるという人もいます。また、穿かせることは良いのだけどもトイレで間に合わなかったり、終わった後ちゃんと穿けなかったりするので、嫌がって穿かないようになった子どももいるようです。幼稚園によってはタイツも禁止というところもあって、そういうところはハイソックスだけというところも多いようです。先輩ママさんの寒さ対策として、丈の短いスパッツとハイソックスで乗り越えたとか、教室のなかは暖房が効いていてある程度温かいので、幼稚園までの行き帰りに半ズボンの上から長ズボンを穿かせていた、という工夫をしていた人もいます。

その行き帰りに、半ズボンの上から長ズボンを穿かせていたという人は結構多く、そのなかで幼稚園が厳しくて門の前で脱がせていたという人も多いといわれています。ちなみに雪の深い地方であれば女の子でも長ズボンを穿き、ブーツを履いて耳当てに手袋など防寒対策はバッチリやるといわれています。気候が違うとはいえ、そういう人からみると冬場の半ズボンやスカートは寒そうに見えるかも知れません。

子どもというのは大人が考えているよりも寒さに強いといわれていて、年少から年中になるころには寒さという問題も解消されるといわれています。ですから、寒さでわが子のことを心配しているのは新米ママが多いといわれているのです。その証拠に幼稚園や保育園をみると、冬場でも結構薄着で園の生活を過ごしている子どもが多いようです。子どもは動き回っているので厚着をさせるとかえって汗などをかいてしまい、それが原因で風邪をひいてしまうこともあるといわれています。寒さに心配しているのは最初だけで、慣れると大丈夫なことが多いといわれていますが、個人差があるので寒さに弱い子は幼稚園の先生などに、寒さ対策について相談することがよいとされています。
幼稚園の制服はデザイン・機能の両面で確認するのがBESTですね!